組織概要

目的

協議会は、地域社会における住民相互の交流と住民主体の文化、学習、健康増進、福祉活動を促進し、併せて、環境の保持・改善、防災体制の確立、次世代育成による地域活性化のための支援活動など、地域のまちづくりに関する総合的な活動を振興会や各種団体などと連携して行い、地域のコミュニティづくりに寄与することを目的とする。

規約

津谷地区まちづくり協議会規約

(名称)
第1条 本会は、津谷地区まちづくり協議会(以下「協議会」という。)と称する。

(目的)
第2条 協議会は、地域社会における住民相互の交流と住民主体の文化、学習、健康増進、福祉活動を促進し、併せて、環境の保持・改善、防災体制の確立、次世代育成による地域活性化のための支援活動など、地域のまちづくりに関する総合的な活動を振興会や各種団体などと連携して行い、地域のコミュニティづくりに寄与することを目的とする。

(事業)
第3条 協議会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。

 (1) 地域の課題解決、地域振興及び住民交流に関すること
(2) 健康及び福祉の増進に関すること
(3) 生活環境の保持と改善向上に関すること
(4) 防災、防火、防犯並びに交通安全に関すること
(5) 地域の産業振興と地域資源の有効活用に関すること
(6) 前各号に掲げるもののほか、前条の目的を達成するために必要な事業

(組織)
第4条 協議会は、次に掲げる者(以下「委員」という。)をもって組織する。

(1) 別表1に掲げる津谷地区の振興会及び各種団体等(以下「各種団体」という。)の代表者
(2) 各種団体が推薦し、協議会が承認した知識経験を持つ地区住民
(3) 各種団体以外で加入を希望し、協議会が承認した団体の代表者

(事務所)
第5条 協議会の事務所は、事務局長宅に置く。

(役員)
第6条 協議会に次の役員を置く。

(1) 会長    1名
(2) 副会長  若干名
(3) 事務局長   1名
(4) 事務局次長 1名
(5) 会計    1名
(6) 監事    2名
(7) 部会長  若干名
(8) 副部会長 若干名

(役員の職務)
第7条 会長は、協議会を代表し会務を統括する。

  1. 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代行する。
  2. 事務局長は、協議会の事務を統括する。
  3. 事務局次長は、事務局長を補佐し、協議会事務の処理にあたる。
  4. 会計は、会計の事務処理にあたる。
  5. 監事は、会計を監査し、総会に報告する。
  6. 部会長は、部会を統括し、事業の推進にあたる。
  7. 副部会長は、部会長を補佐し、事業の推進にあたる。

(役員の選任等)
第8条 役員は、総会において委員の中から選出するものとする。

  1. 役員の任期は2年とする。ただし、再任は妨げない。
  2. 役員に欠員を生じたときは、補充を行うことができる。ただし、欠員により選出された役員の任期は、前任者の残任期間とする。

(顧問等)
第9条 協議会は、顧問及び相談役(以下「顧問等」という。)を置くことができる。

  1. 顧問等は、役員会において選任し、会長が委嘱する。
  2. 顧問等は、事業推進のための助言、指導を行うことができる。

(会議)
第10条 協議会の会議は、総会、臨時総会、役員会及び部会とする。

  1. 総会は、協議会の最高議決機関であって、毎年1回会長が招集する。
  2. 臨時総会は、必要に応じて会長が招集する。

(議決等)
第11条 会議の議事は、出席者の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長がこれを決するも のとする。

  1. 会議に出席できない委員は、全ての議決権を議長に委任することができる。
  2. 前項の規定により全ての議決権を議長に委任した委員は、会議に出席したものとみなす。

(総会)
第12条 総会は、委員をもって構成し、次の事項を議決する。

(1) 規約の改廃に関すること
(2) 役員の選任に関すること
(3) 事業計画に関すること
(4) 予算、決算に関すること
(5) その他、協議会の目的を達成するために必要な事項に関すること

  1. 総会の議長は、出席者の互選により選出する。

(役員会)
第13条 役員会は、役員をもって構成し、必要に応じて会長が招集して開催するものとし、次の事項を協議する。

(1) 総会に付議する議案に関する事項
(2) 総会において付託された事項に関する事項
(3) 各種活動の企画、事業方針に関する事項
(4) 委員の選任に関する事項
(5) その他、協議会の目的を達成するために必要な事項に関すること

(部会)
第14条 特定の事業を推進するために、次の部会を設置する。また、必要に応じて専門的な事項について活動を行う部会を設けることができる。

(1) 総務・企画部会
(2) 防災・安全部会
(3) 産業・観光部会
(4) 教育・文化部会
(5) 保健・福祉部会
(6) 環境・美化部会

  1. 部会の所掌事項は、別に定める。
  2. 部会に部会長及び副部会長各1名を置き、委員の互選により選出する。
  3. 部会は、会長の指名する委員、その他必要とする者をもって構成する。
  4. 部会は部会長が招集し、決定事項は役員会に報告して承認を得るものとする。

(地区住民の参画)
第15条 津谷地区に住所を有する者(以下「地区住民」という。)は、協議会の全ての会議を傍聴することができる。

  1. 地区住民は、協議会の主催する各種事業に参画することができる。

(運営費)
第16条 協議会の運営費は、補助金、寄付金及びその他の収入をもってこれに充てる。

(会計年度)
第17条 協議会の会計年度は、4月1日から翌年3月31日までとする。

(その他)
第18条 この規約の施行について必要な事項は、別にこれを定める。

附 則

  1. この規約は、平成28年7月24日から施行する。
  2. 協議会設立時に選出された役員の任期は、第8条の規定にかかわらず、平成30年3月31日までとする。

別表1

まちづくり協議会を組織する団体

番号 区分 主な団体 備  考
1 総務・企画 行政区振興会
地域振興会
2 防災・防犯 防犯協会
自主防災会
交通安全協会
婦人防火クラブ
3 産業・観光 農協関連団体
漁協・淡水漁協関連団体
森林組合関連団体
商工会関連団体
農事組合法人
地域資源保全会
観光協会・徳仙丈つつじ保存会
直売所
4 教育・文化 幼・小・中PTA
子供会育成会
文化協会
舞踊・民謡等各種同好会
スポーツ団体
5 保健・福祉 地区社協
老人クラブ
ボランティア団体
民生委員・児童委員津谷部会
6 環境・美化 衛生組合

組織図

組織図

役員名簿

津谷地区まちづくり協議会役員名簿

任期 平成28年7月24日~平成30年3月31日

役職 氏  名 摘要
会 長 佐 藤 雅 俊
副会長 佐 藤 惠 子
副会長 佐 藤 一 郎
副会長 佐 藤 雄太郎
事務局長 芳 賀   繁
事務局次長 三 浦   稔
会 計 米 倉 之 泰
監 事 畠 山   聡
監 事 佐 藤   清
部会長 佐 藤 惠 子 総務・企画部会
部会長 佐 藤 秀 一 防災・安全部会
部会長 及 川 義 紀 産業・観光部会
部会長 千 葉 真 治 教育・文化部会
部会長 佐 藤   工 保健・福祉部会
部会長 三 浦 由 晴 環境・美化部会
副部会長 大 内 良 一 総務・企画部会
副部会長 渡 辺 洋 子 防災・安全部会
副部会長 須 藤 卓 郎 産業・観光部会
副部会長 成 瀬 八千代 教育・文化部会
副部会長 大 内 文 江 保健・福祉部会
副部会長 千 葉   正 環境・美化部会

部会の所掌事項

部 会 名 所 掌 事 項
総務・企画部会
  1. 協議会運営全般に関すること
  2. 総会、役員会に関すること
  3. まちづくり計画に関すること
  4. 部会間調整に関すること
  5. 他部会に属さない事項
防災・安全部会
  1. 防災体制の整備に関すること
  2. 災害時要支援者に関すること
  3. 防犯活動の推進に関すること
  4. 交通安全に関すること
産業・観光部会
  1. 農林水産業の振興に関すること
  2. 商工業の振興に関すること
  3. 観光開発に関すること
  4. 特産品開発に関すること
  5. 直売施設に関すること
教育・文化部会
  1. 学校教育・PTA活動に関すること
  2. 生涯学習・図書館に関すること
  3. 青少年健全育成に関すること
  4. 文化財に関すること
  5. スポーツ振興に関すること
保健・福祉部会
  1. 健康づくり・地域医療に関すること
  2. 地域福祉活動に関すること
  3. 住民交流・親睦増進に関すること
  4. ボランティアに関すること
  5. 子育て支援に関すること
環境・美化部会
  1. 地域環境の保全に関すること
  2. 公衆衛生に関すること
  3. 花のあるまちづくりに関すること
  4. 下水道・水質保全に関すること
  5. リサイクル活動に関すること